[ ここから本文です ]

セキュリティチェック(はじめてのセキュリティ)

  • セキュリティチェック
  • 主な犯罪事例
  • 大切な資産を守る対策

セキュリティチェック

インターネットバンキングを安心・安全にご利用いただくために。まずはご自身のセキュリティ意識をチェックしてください! 設問に答えると、ご自身のセキュリティ意識をチェックできます。

Q1
パスワードは定期的に変更し、誰にも教えないようにしている。
  • YES
  • NO
パスワードはご本人さまを確認する大切な情報です。
定期的に変更していただくとともに、他のサービスのパスワードと共有しない、パソコンやネットワークサービス上に保存しない等、取扱いには十分ご注意ください。
くわしくは大切な資産を守る対策「基本のセキュリティ対策」へ
Q2
パソコンや各種ソフトウェア(JavaやAdobe Reader、Adobe Flash Playerなど)は常に最新状態にアップデートしている。
  • YES
  • NO
ソフトウェア会社で配布されている修正プログラムを定期的に適用することで、ソフトウェアの脆弱性による不正アクセスや、パソコンの乗っ取り等のリスクを減らすことができます。
くわしくは大切な資産を守る対策「基本のセキュリティ対策」へ
Q3
インターネットバンキングにログインした際には、前回のログイン日時や入出金明細を確認している。
  • YES
  • NO
定期的にログインしていただき、前回ログイン日時や入出金明細をご確認ください。身に覚えのないログインやお取引を確認した場合は、すみやかに当行にお問い合わせください。
くわしくは大切な資産を守る対策「被害を最小限に抑える対策」へ
Q4
携帯電話のメールアドレスを登録している。
  • YES
  • NO
万が一不正送金されてしまった場合、携帯メールアドレスを登録しておくと、外出先でも早く不正に気づくことができます。
くわしくは大切な資産を守る対策「被害を最小限に抑える対策」へ
Q5
自分の振込限度額がいくらに設定されているか知っている。
  • YES
  • NO
三菱東京UFJダイレクトのご利用限度額を確認してください。振込限度額を低めに設定しておくと、万が一不正被害に遭ったときの被害額を抑えることができます。
ご自身のご利用限度額の設定額は、インターネットバンキング「その他(一覧を見る)」の「契約内容照会」から確認できます。
くわしくは大切な資産を守る対策「被害を最小限に抑える対策」へ
Q6
心当たりのないメールは開封しないように注意している。
  • YES
  • NO
三菱東京UFJ銀行を装い、お客さまの情報を盗みとろうとする偽Eメールが発信されています。
このようなEメールを受け取られたお客さまは、Eメールを開封したり、リンク先のURLをクリックせずに、Eメールを削除してください。
くわしくは大切な資産を守る対策「基本のセキュリティ対策」へ
Q7
ウィルス対策ソフトをインストールしている。
  • YES
  • NO
ウィルス対策ソフトを利用することで、ウィルスによるパスワード等の搾取や、偽画面を表示するリスクを減らすことができます。
また、ご利用されている市販のウィルス対策ソフトと併せて、インターネットバンキング専用ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」(無料)のご利用をおすすめしています。
くわしくは大切な資産を守る対策「当行の提供する3つのセキュリティ対策」へ
Q8
ワンタイムパスワード(アプリまたはカード)を利用している。
  • YES
  • NO
ワンタイムパスワードとは、お取引の都度作成する、一回限り有効の使い捨てパスワードです。ワンタイムパスワードをご利用いただくことで、よりセキュリティが強化されます。いずれも無料で利用できます。
くわしくは大切な資産を守る対策「当行の提供する3つのセキュリティ対策」へ
  • 診断する
  • もう一度診断する

全ての質問に答えてください。

  • 金融犯罪の手口を知る 主な犯罪事例

(平成27年8月9日現在)

このページの先頭へ