[ ここから本文です ]

大切な資産を守る対策(はじめてのセキュリティ)

  • セキュリティチェック
  • 主な犯罪事例
  • 大切な資産を守る対策

大切な資産を守る対策

セキュリティ対策を行っていただくことで、より安全に三菱東京UFJダイレクトをご利用いただけます。

  • いますぐできる! 当行の提供する2つのセキュリティ対策
  • 日常生活で気をつけよう! 基本のセキュリティ対策
  • 万が一不正被害にあってしまっても 被害を最小限に抑える対策

日常生活で気をつけていただきたい基本的なセキュリティ対策をご案内します。

1. 心当たりのないメールやサイトは開かないでください。

三菱東京UFJ銀行を装い、三菱東京UFJダイレクトのご契約番号やIBログインパスワード、確認番号表(乱数表)など、お客さまの情報を盗みとろうとする偽Eメールが発信されています。
また、メールに記載されているリンク先へアクセスしただけでお客さまのパソコンがウィルスに感染するものもあると言われています。

このようなEメールを受け取られたお客さまは、Eメールを開封したり、リンク先のURLをクリックせずに、Eメールを削除してください。

当行の名をかたった偽Eメールの一例

  • caution
  • 当行からのEメールで、セキュリティのためにパスワードや確認番号表(乱数表)の数字の入力を直接誘導することはありません!

2. パスワード・ご契約番号・確認番号表・ワンタイムパスワードカードのお取り扱いにはご注意ください。

パスワードは定期的に変更してください。

パスワードはご本人さまを確認する大切な情報です。定期的に変更していただくとともに、他の人に知らせないようにしてください。
パスワードの変更は、インターネットバンキングから手続きできます。

三菱東京UFJダイレクトのパスワードを他のサービスのパスワードと共有しないでください。

三菱東京UFJダイレクトのパスワードを他のサービスのパスワードとして使うことやロッカー、貴重品ボックス、携帯電話等の当行以外の取引で使用しないでください。
SNSなどの他のサイトで入力したID、パスワードが流出し、当行での不正ログインに悪用される場合があります。

パスワード・ご契約番号・確認番号表を紙、パソコン、スマートフォン、Eメール、クラウドサーバー、ネットワーク上のサービス等に保存しないでください
(写真を撮って画像を保存することを含む)。

パソコンがウィルス感染すると、パソコン内のデータだけでなく、そのパソコンを利用したネットワーク上のサービスも乗っ取られてしまいます。この結果、パソコンで保存したパスワードなどの情報が流出し、三菱東京UFJダイレクトに不正アクセスされ、不正送金が行われる恐れがあります。

パスワード等はご自身が直接、利用時に入力してください。

複数のサービスのIDやパスワードを一括して管理する「パスワード管理ツール」や「口座一覧サービス」等からのアクセスはおすすめしません。パスワード管理ツールによっては、それ自身が不正なソフトである可能性もあります。

  • caution
  • 銀行や銀行員、銀行協会職員がEメールや電話等でご契約番号やパスワード等を照会することはありません。他人に教えることがないようご注意ください。

3. パソコンのOSやインストールされている各種ソフトウェア(JavaやAdobe Reader、Adobe Flash Playerなど)は最新の状態へ更新してください。

一般的にソフトウェアは、セキュリティホールと呼ばれる不具合を修正するために、製造元のホームページ等で修正プログラムが配布されています。常に最新版を適用することで、不正送金被害やシステム破壊などを防げる場合があります。
また、製造元のサポートが終了しているバージョンの使用を避け、サポートされているバージョンを使用することをおすすめします。

※WindowsXPは平成26年4月9日(水)以降、マイクロソフト社によるサポートが終了となりました。

【ご参考】

以下のサイトではお使いのパソコンのソフトウェアが最新かをチェックできます。

新しいウィンドウを開きます。独立行政法人情報処理推進機構の提供しているMyJVNバージョンチェッカ

4. 不特定多数の方が使用するパソコンでログインしないでください。

インターネットカフェなど不特定多数の方が使用するパソコンは、ウィルスに感染していたり、入力および閲覧した情報がパソコン内に残ってしまう場合がありますので、インターネットバンキングへのログインはおすすめしません。

5. 無線LANをお使いの場合、暗号化設定を行ってください。

ネットワークルーターおよびご利用のパソコンの両方に暗号化の設定を行いましょう。ネットワーク名を外部の人にわからないように設定してください。また、常時接続はなるべく控え、ご利用の都度接続することをおすすめします。

  • いますぐできる! 当行の提供する2つのセキュリティ対策
  • 日常生活で気をつけよう! 基本のセキュリティ対策
  • 万が一不正被害にあってしまっても 被害を最小限に抑える対策
  • 金融犯罪の手口を知る 主な犯罪事例

このページの先頭へ