[ ここから本文です ]

当行のセキュリティ対策

三菱東京UFJダイレクトを安全にご利用いただくために、当行では様々なセキュリティ対策に取り組んでいます。

  • 通信を暗号化
  • 複数のパスワード
  • パソコン、ネット環境の解析
  • ソフトウェアキーボード
  • パスワード自動ロック
  • ファイアーウォール
  • 24時間の監視
  • クッキーの使用について

お客さまとの通信を暗号化

SSL(TLS)暗号化通信を採用

三菱東京UFJダイレクトでは、SSL(TLS)暗号化技術を採用し、通信内容を暗号化しています。これにより、お客さまの情報の漏洩・盗聴・データの改ざんを防ぐことができます。

複数のパスワードを採用

毎回異なったパスワードで本人確認

ご契約番号、ダイレクトパスワードやIBログインパスワードに加えて、ご契約カードの確認番号、ワンタイムパスワードを使用し、毎回異なった番号を入力いただくことで、お客さまの本人確認を行っています。

パソコン、ネット環境の解析

第三者による普段と異なる環境からの不正なアクセスをブロックします

第三者の不正アクセスを防ぐ

インターネットバンキングにアクセスされた際のパソコン環境やネット環境などの解析を行い、普段と異なる環境からのアクセスと判定された場合に、IBログインパスワードに加えてEメールによるワンタイムパスワード(*1)またはダイレクトパスワードのご入力をお願いしたり、特にリスクの高いアクセスの場合はログインできないようにして、第三者の不正アクセスからお客さまの預金をお守りします。

(*1)Eメールによるワンタイムパスワード
当行が必要と判断した場合に都度指定し、ご登録のEメールアドレスに通知する使い捨てのパスワード(6桁の数字)です。

  • ※Eメールによるワンタイムパスワードを入力できない場合、インターネットバンキングでログインやお取引ができなくなります。
    ログイン時に確実に受け取ることのできるEメールアドレスをご登録ください。

Eメールによるワンタイムパスワードについてくわしくはこちら

ソフトウェアキーボードを導入

キーロガー(キーボード操作の動きを盗む)対策

Eメールやオンラインソフトなどの形でパソコンに侵入し、パソコンのキーボード操作の情報を第三者に転送してしまう「キーロガー」というプログラムが存在します。パスワードの入力をソフトウェアキーボードで行うことは、キーロガー対策に有効と言われています。

ソフトウェアキーボードとは

ソフトウェアキーボードとは、画面上にキーボードを表示し、マウス等で画面上のキーをクリックすることでパスワードを入力するものです。

パスワードを複数回間違えたら、自動的にロック

不正な取引防止策として、パスワードを複数回誤って入力した場合、サービスのご利用を停止します。

ファイアーウォールで不正アクセスをブロック

三菱東京UFJダイレクトでは複数のファイアーウォールを設け、インターネットからの不正なアクセスを防いでいます。また、主要機器は二重化等の対応により、万全なバックアップ体制を整備しています。

24時間、セキュリティを監視

インターネットからの攻撃を24時間常時監視しています。万が一、不測の事態が発生する場合でも即時に対応できる体制をとっています。

クッキー(cookie)の使用について

三菱東京UFJダイレクトでは、お取引の間に限りクッキーを使用することで、お取引画面間の情報引継ぎを管理し、同一人による一連の取引であることを確認しています。

クッキーとは?

サイト(ここでは三菱東京UFJ銀行)がお客さまのパソコン等のブラウザに情報を保存し、あとで取り出すことが可能な機能のことです。
カスタマイズ設定をお取引後も一定期間継続して保存するものですが、お客さまの個人情報やお取引の内容等の情報は保存されません。
なお、ブラウザのセキュリティ設定でクッキーを無効にされているとインターネットバンキングにログインできませんのでご注意ください。

このページの先頭へ